保証がしっかりしている太陽光発電は?

太陽光発電は安い買い物ではありませんから、やっぱり保証がしっかりとしているメーカーを選びたいですよね。
長期的に使用するものだからこそ、保証がしっかりしていないメーカーはそれがデメリットになりえます。http://senior.cx/entry2.html

保証の面で業界トップクラスを誇るのが、長州産業です。
自然災害補償と、安心の10年保証の他に、他に類を見ない雨漏り保証まで行っています。
ここまでしっかりと保証をつけてくれるメーカーはあまりないので、太陽光発電を選ぶ際にはこの長州産業を選択肢の一つに入れておきたいですね。

長州産業の唯一のデメリットは、他の大手のメーカーに比べていまいち認知度が低いということでしょうか。
あまり聞いたことのない社名かもしれませんが、業界ではサンヨーのOEM製品を作っていることで有名です。
その機能と性能には定評がありますので、安心して導入することができますね。

知名度が低いことがデメリットの長州産業ですが、その他にはあまり大きなデメリットは見当たりません。
太陽光発電のパネルの値段も、相場を下まわる料金設定をしていることに気が付きます。
この価格面でのメリットは、他のメーカーも合わせて一括見積もりをして比べてきると、はっきりとわかるはずです。
太陽光発電を選ぶ時に重要な、保証面、価格面は長州産業と他のメーカーを比較してみると、その違いがはっきりとわかるのではないでしょうか。

太陽光発電の設置時期

電子力発電にかわるエネルギーやエコの観点から、デメリットの少ない太陽光発電に多くの注目が集まっていますね。
導入しようかどうしようかと悩んでいる人もたくさんいるのではないでしょうか。

もし太陽光発電を導入しよううか悩んでいるのであれば、そのタイミングは今がベストと言えるかもしれません。
太陽光発電で得られた余剰電力を政府が買い取ってくれるシステムがあるからです。
2012年度の余剰電力の買い取り価格は、1kWhあたり42円となっていて、これおは10年間固定で買い取ってくれます。
この買い取り価格は、今後引き下げられる見通しとなっているため、導入が遅くなればなるほど、買い取り価格が下がるというデメリットがあるのです。

太陽光発電の導入は設置費用がかかるため、できるだけ少ない初期費用で早く元をとれるかがポイントとなってきます。
その点で考えると、メーカーを選ぶ際に、長州産業のような低コストのメーカーが注目を浴びてきているのですね。
長州産業は、国産でありながら、国内工場でラインを一貫して生産しているため、低コストで高品質の太陽光パネルを作ることが出来ているようです。
いまいち社名が知られていないのがデメリットといえばデメリットですが、大切なのはメーカーの知名度ではなく、品質とアフターケアだといえるでしょう。
雨漏り保証など設置後のアフターケアもきちんと行ってくれる、長州産業のような信頼できるメーカーの物を導入することも大切ですね。

太陽光発電デメリットとは?

太陽光発電を導入する一番のデメリットは、やはり初期費用がかかることではないでしょうか。
一度導入してしまったら長期にわたって使用できますので、いずれはもとがとれると考えられますが、それでも100万円を超える設置費用がかかるため導入に踏み切れない人もいるのではなでしょうか。
太陽光発電の設置費用は、メーカーや施工店によって大きく変わってきますので、一つのメーカーで検討するのではなく、複数のメーカーで比較検討することが大切です。

その他に考えられるデメリットは、故障などの場合の負担です。
一般的に太陽光発電パネルは20年以上の寿命があると言われています。
その期間中なにも不具合が出ない場合はラッキーですが、初期不良や偶発的な故障、摩耗による故障などで不具合が出てくることも考えられます。
このデメリットを少しでも回避するためには、保証がしっかりとしているメーカーを選ぶのも一つの選択肢と言えるでしょう。
例えば、長州産業は10年保証の他に雨漏り保証もついているので、パネルの不具合だけでなく屋根の保証までしてもらえるのがうれしいですね。
このように長州産業のような大手のメーカーでなくても、満足のいく保証が付いている場合があるので、選択肢に入れておくと良いのではないでしょうか。
長州産業は価格の面でも太陽光発電メーカーのなかでも良心的な値段なので、一括見積もりで他のメーカーと比較してみてもよいかもしれませんね。