電気自動車とソーラーパネル

電気自動車のCO2排出量というのは、実は原子力発電を加えた総電力で計算されている。
日産のリーフの場合、100キロ走るための電力を発電すると、約5.1kgのCO2を排出するという。ところが、原子力発電を止めて、原子力を使わないで発電した場合で計算すると、100キロ走るには、約7.57kgになるという。ガソリンを使ってCO2を出しながら走るプリウスハイブリッドの場合は、7.63kg。つまり、CO2排出量だけで言えば、一旦電気にしてそれを充電して車を走らせる場合と、直接燃やして車を走らせる場合の差は無いに等しい。自動車が電気化されても、原子力発電を使わなければCO2排出量は減らないということだ。今回、原子力発電は有事の場合、確かに良くないことがわかった。
しかし、原子力を使わない選択は、CO2排出という面で、じわりと首を絞められ続けることになる。しかも、新興国の電力需要はうなぎのぼりで、原子力を使わなければ火力燃料が枯渇する時期も格段に短くなる。そうなると、太陽光などの効率を上げることも大事。しかし現時点で、山手線を走らせるために必要な電力は、山手線の円の内側全部をソーラーパネルにしてギリギリらしい。つまり極論すれば太陽光発電は、日本の多くの部分をソーラーパネルにして覆い、その結果、東京や大阪などの幾つかの大都市を活かすような程度の効率だ。しかも不安定。しかもパネルは劣化して、やがて巨大なゴミになる。

 

投資である以上、本当なら適当な時期に売るべきだったのでしょうが、ずっと持ち続けたのには理由がありました。1つは5月の配当金をもらうこと。もう1つは、7月の株主総会に参加することでした。初めての株主総会に行ってきました。あまりの混雑ぶりにビックリ。なんでも今年は、過去最高の6900人以上の人が参加したそうです
会場はホテルの大広間を使ったのですが、なんと第2会場まで用意されていて、私は開会50分前に着いて第2会場に通されました。
大型モニターを通して経営陣や質問する発言者の姿が映されたものの、会場の盛り上がりというか熱気というか、生の臨場感はやはり、経営陣と株主が同じ空間を共有する第1会場とは全く違う様子でした。
総会は2時間くらいで終了したのですが、やはり大手家電メーカーは製造業なので、自社製品の展示会場が別に設けられていて、せっかくなのでそっちも覗いてみました。
スマホやタブレット、デジカメやPC、電子書籍端末をそれぞれ試してみたり社会活動関連の展示などもありました。そんなこんなで、どっぷり3時間堪能した株主総会。貴重な体験をさせてもらいました。

 

長州産業の太陽光発電は単結晶

太陽光発電は、パネルに使用する素材によって大きく4つに分けることができます。

現在、太陽光発電のパネルでもっとも普及しているタイプが単結晶シリコンです。
単結晶シリコンは、変換効率が15%前後と高いのですが、生産に必要なエネルギーが高く、コストも高いのが欠点です。
シャープ、パナソニック、長州産業、東芝は、単結晶シリコンを採用しています。

単結晶シリコンよりもエネルギー効率が13%とやや落ちるものの、コストが安いため主流になりつつあるのが多結晶シリコンです。
多結晶シリコンを採用しているメーカーには、シャープ、京セラ、三菱電機があります。

薄膜シリコンは、変換効率は9%程度でやや低いものの、影に強く、高温でも出力が低下せず、高温や強日射での性能が高いのが特徴で、パナソニックで採用されています。

その他に、各メーカーの開発が進んでいるものとしてシリコンを使わない化合物系があります。
化合物系は、発電領域が広く、実発電量が高いのが特徴で、ホンダソルテック、ソーラーフロンティアで採用されています。

長州産業の太陽光発電は、もっとも一般的な単結晶シリコンで、発電ロスを抑え、高い変換効率が特徴です。
また、長州産業のコンパクトで軽量な太陽光パネルは、様々な屋根形状に対応でき、建物への負担も軽減することが出来ます。

太陽光発電のメーカー長州産業
コチラの記事も合わせてどうぞ!!

 

 

長州産業のパネルはパナソニック
太陽光発電各社の特徴を勉強したので、以前に各社に見積もり依頼をして本日見積りが出た。
「京セラが208万(各種補助金除く)工事費その他諸々込み」
「長州産業4.1kWで230万」
「シャープの3.99kWが189万」
だったと記憶する。
私は多結晶と単結晶のスペック差は現時点ではそれほど無いと解釈した。
比較してみると、価格はシャープだが、足場工事費は含まれてないのでもう少し高くなりそうだ。
で、そもそも今シャープは会社が危ないのでちょっと怖いという感想だな。
感じたのは他にもあった。
パワーコンディショナのランニングコストは京セラが一番安そうです。(耐用年数が15年くらいでで8万)
京セラは生産から組立て・そして取付工事まで自社施工で安心感もある。
長州産業はパネルがパナソニック製でいわゆるOEMですね。
「じゃあ最初からパナソニックにしたほうがいいのか?」って思うがよくその辺の事情はわかりません。
パナソニックのパネルは高性能だが他社より割高なので設備代ペイするのに時間かかりそうな印象もあるんです。

で、見積りはまだ削れそうなので他の一括見積もりにも登録して、その事を業者に伝えると、業者に値引きも検討するとこのこと。
やっぱり、業者との直接取引ではなく、多くの業者と一括見積もりが出来るサイトを利用するとなにかとお得になる。
業者はどこも取引したいと考えているから、限界まで値引き交渉が出来るようにコチラもそれなりの情報を得て、対峙しなければならないだろう。

 

中国のスポーツが怖い

人口的にもそうだけど、都市部と農村の人が
あれだけいる
ということを、考えるとそれだけ頑張る人もいる

 

もちろん、一人っ子政策の弊害もあるかもしれない

 

でも、規模を考えるとサッカーとか野球とか
日本にとっては、優位だったものが
中国に奪われる恐怖がある

 

オリンピックの競技は前からもうそうなってるから
余計に怖い

 

でも、経済面では一人っ子政策の弊害が出るようなきがする

 

都市部の人は、急激に変化をしてるんだろう

その中で山間部の人は、昔の日本のような気持ちでいる人が多いような気がする

その中でスポーツを頑張っている人がいると考えたら
怖すぎる

でも、都市部と山間部の問題はどうなるんだろう
歴史的にも

 

日本としてはスポーツ面でだけ言えば
都市部の人が中国人ならまだいいのかもしれない
※逆に経済面だと都市部のほうが怖いのかもしれないが・・

 

山間部の人が中国としてスポーツで躍進したら本当に怖い存在になる

 

北朝鮮とか韓国とかどうでもいいし考えたくもない

 

それよりも、中国がどうなるのか
それをもっと気にするべきだ

 

 

 

で、何を言いたいのかわからない
から話は変わるが・・・

 

情熱大陸 ヤラセ?

 

もう何年も見て今更だけど
芸能人が出ている回は。。。

前までテレビを見ていたから余計にそう思う

 

それでもタレントが出ているのも見るけど
ヤラセ風しか感じない

 

元々、良いイメージだったタレントなのに残念な気持ちになることもある

 

 

本来は、タレントの宣伝ではなく
もっと掘り下げて行く番組だったのだろう

 

そこまでか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

豊橋の太陽光発電のサイトを比較する際

昔ながらの業者の比較にも新来の優しい担当者にサービスにも、優れた点と不満な点が必ずあります。それらの違いを正確に学んで、自分と相性の良い方を選択することが最も大事な点です。

実際のところ、自分はどんな条件の人とのお得に契約を熱望しているのか?
ということをはっきりさせた上で、めぼしい業者の比較を比較していくことが成功につながるコツとなります。

現代社会では、お得に契約を実らせた末に優しい担当者に出会えるに至る道があるのが常識になりつつあり、下調べだったのに、自然に評判が良かった会社と将来の話になり、優しい担当者に出会えるが決まったという話もめずらしくないようです。

豊橋の太陽光発電の価格の相場の目安は?
豊橋の太陽光発電のサイトっていろいろあるけど、何を基準にして選ぶべきなの?
と迷っている豊橋の太陽光発電の中の人に向けて、サービスに魅力があって話題になっている、典型的な豊橋の太陽光発電のサイトを比較した結果をもとに、ベストランキングを作ってみました。

交渉中の担当者に本心から優しい担当者に出会えるしたいと意識させるには、それ相応の自立心も必須です。どこに行くにも一緒じゃないと不安に駆られると感じるタイプだと、いくら評判が良かった会社といえどもうんざりしてしまいます。

ランキング上位に位置しているハイクオリティな業者の比較であれば、ただ単に評判が良かった会社探しを手伝ってくれるほか、プラスアルファで喜ばれる知っておきたいマナーなども指導してくれるので心強いです。
年々増加傾向にあると言われている今の時代、豊橋の太陽光発電のにも斬新な方法が多々開発されています。それらの中でも、便利なネットを用いた豊橋の太陽光発電のアイテムの豊橋の太陽光発電のアプリは多くの人が活用しています。

豊橋の太陽光発電のサイトを比較する際に、ネット上の口コミ評価を閲覧してみるのもひとつの方法ですが、それらをすべて真に受けるのはリスクが大きいので、あなた自身もしっかり調べる必要があります。

初めての優しい担当者に出会えるでもマッチングでも、豊橋の業者のサイトに対して後ろ向きだとすばらしい優良業者と巡り合うのは厳しいと言えます。その上反省で精力的に活動しないと、優良店舗とは出会えません。

同時に複数の女性とコミュニケーションできる真面目な出会いに行けば存在する可能性があるので、ぜひとも参加することをおすすめします。

太陽光発電の実践方法は数多くありますが、定番なのが豊橋の発電業者との打ち合わせです。

家についていっても、大木のテーブルと子供

どこの島か知らんけど、自分も同じような風習があった

怖い鬼の人がいて、それが怖かった
30年くらいの静岡県東部で西武

あの経験は良かったと思う
怖かったけど、、

でも、それすらも今は問題になるのか?
文化、風習はもちろんだけど

それ以前に、子供に教えてあげるという
親とそのまわりの気持ちがある

なんでもかんでも、子供が怖がってるからやめて!
とかは
おかしいと思ってしまう

なんとなくいじめ問題とかにつなげたくしている人がいるように感じる

でも、そうじゃない

子供の時は、怖かったかもしれないけど
それが後から、思い出にもなるしなにかしらの経験として大人になってからも役に立っているかもしれない

少なくても自分はそうだし、それも思い出だと思う

と、思って見てたら
大木の一本、を輪切りにしたテーブル
が出てきた

20年前の自分の祖父母の家にあったのも思い出した

あれは、信仰宗教の関係なのか?
その時代の、セールス的なものなのか

とにかく、それが気になった

たぶん、今の時代の布団や健康療法のセールスなどの類と同じ感じなんだろうけど
それがいまでもあるのが驚きだった

お酒をたらふく飲んでるから何を書こうと思ったのかよくわからなくなっているけど
マトメとして、日本の風習は守るべき
風習を今の価値観で物を語ってはいけない

大型アニメに若い俳優と女優

よく言われることだと思うけど、本当に若い俳優と女優が
アニメや映画と声をやると
ひどい!!

映画はまだ表情でごまかせるかもしれないけど
アニメのように顔の表情が人間ほどじゃないど
演技の下手さが際立つ

まだ、ジブリみたいな内容だったらいいと思う
あれは話も映像も自然な感じだから

でもアニメだと演技が求められる

それでも、経験を積んでいる年配の俳優は
声をあててもやはりうまい
迫力もある。

問題なのは、若い俳優と女優

その中でも特にひどいのはもちろんアイドル
アイドルは、想像以上にヘタでヒドイ

中堅の俳優なら上手い人はうまいと思う。

女優は総じてひどい

俳優は若いときから俳優を目指して勉強していた人が多いと思うけど
女優と言われる人の多くは、歌手だったり、元モデル
ただ単に有名人、タレントになりたかった人だ

そんな女優も、年齢を重ねるとうまくなるだろう。
今はうまい俳優も昔は、ひどい人もいた。

でも、そういう人を育てるよりも、もっと若くてうまい女優がいるはずなんだから
そういった専門でやっている女優をもっと起用して欲しい。

集客などの問題でそうしているんだろうけど、
それだと日本の業界は、衰退する一方だと思う。

なんでもかんでも、アイドルやらを使ってその場だけの
集客、商業的なことしか考えていないから
客も離れる

テレビを見ていた時間の代わり

今は仕事以外の時間はほとんどはネットをしている
動画を見たり、生放送を見たり、映画やアニメを見ている

なんか気分的に、時間を無駄に過ごしているような気持ちになる時がある

でも、よくよく考えたら前までは、
例えば、夜の7時位から
やっているテレビの番組の中で一番面白そうなものを見ていた。
それを数時間、、。
それが普通だった。

※たしかにこの時期までは、テレビを見て笑うこともほとんどなかった
○それはそうだろう
だって、見たい番組ではなく、その時にやっている番組の中から
選んだもので、たいして興味もないものを見ていたからだ。

しかし、今はもう見ることもない

見ようとも思わない。

もっと他に自分が見たいと思えるものがネット環境がアレば見えるのだから

今は好きな番組を録画で見るくらいだが
それでもその時間でもなにかしらのネットを立ち上げている

未だにテレビは影響力もあるし、関わる人材もレベルが高い
専門的な番組と大衆、一般の大勢の人向けのメディアがこれからどうなるのか

file_1212

テレビを見なくなった原因、とネットと比べると

私は子供の時からテレビっ子だった
家に帰ったらまずはTVをつけていた
部屋にいる時はずっとテレビをつけていた
その時やっている番組で一番面白いのを見ていた

でももう、30年経っ今はしなくなった

特に、新しい芸能人が受け付けなくなった
それは自分が歳をとったせいなのかもしれない

もしくは、そういった芸能人を見せる演出がうまくないのかもしれない

自分の年齢的なことかもしれないけど
中堅以上の芸人とかは、面白く見ることができるし
安定して面白い。
★今もしも自分が10代とかだったら
テレビをどう見ていたのかもすごく興味がある

今でも好きな番組だけは録画をして見る
それでも、新しい芸能人を私は受け入れることが出来なくなった
※中には、新人でも面白いなーと思う人もいる

※ネットを意識しすぎた結果、
芸人を取っ替え引っ替えしてしまう仕組みにしてしまったのも
よくないのかもしれない

テレビを見なくなった大きな理由はネットがある
ネットは自分が見たいものを見ることが出来る

今思うと、テレビは究極の受け身の媒体

不特定多数の人に受け入れられるものでなければならないのが顕著になったのだろう

ネットは専門分野に特化しているからそれに慣れると
テレビを見なくなるのもしょうがないのかもしれない

それでも、同じ土俵でやれば
テレビのほうが演者も演出もネットには圧倒的に勝っている
それだけ人材は、いいものがそろっているのだろう

同じ土俵ならテレビが圧倒的に勝つけど、
今の時代、これからも同じ土俵ではない

テレビは、その差を埋めるくらいのものを作らなければならないのだろう

file_1039

地方自治体 市民税 活性化

ふるさと納税もいいけど

もっと活性化させたいなら
まずは大人の娯楽
酒を飲みたくなるような政策を

そこで
タクシー代の経費

たまに飲み代よりも高くなってそうなタクシー代

それを、公務員会社員すべての人に
税金控除すればいいじゃない

会社員の場合は難しいのかもしれないけど
タクシー代をある程度給料に反映するとか
控除とか

それだけでもみんなは外に飲みに行くと思う

特に地方は、車がないとどこにもいけない

学校の勉強天才

学校の授業でメモを取っている人は 盆栽
天才は聞くだけで良い

東大生というのもいろいろあると思う
勉強を何時間もやる人、ただ集中するときに出来る人
記憶力がある人
その部分が特化してるだけ

それができればいいと思う

でもほとんどの人が出来ない

できないなら、やるしかない

やりたくないなら、別の道を考えればよい

学歴とか関係ないところで頑張れば良い

天才にしかわからないこともたくさんあるけど
天才にわからないことが普通の人にはわかる