太陽光発電を導入する一番のデメリットは、やはり初期費用がかかることではないでしょうか。
一度導入してしまったら長期にわたって使用できますので、いずれはもとがとれると考えられますが、それでも100万円を超える設置費用がかかるため導入に踏み切れない人もいるのではなでしょうか。
太陽光発電の設置費用は、メーカーや施工店によって大きく変わってきますので、一つのメーカーで検討するのではなく、複数のメーカーで比較検討することが大切です。

その他に考えられるデメリットは、故障などの場合の負担です。
一般的に太陽光発電パネルは20年以上の寿命があると言われています。
その期間中なにも不具合が出ない場合はラッキーですが、初期不良や偶発的な故障、摩耗による故障などで不具合が出てくることも考えられます。
このデメリットを少しでも回避するためには、保証がしっかりとしているメーカーを選ぶのも一つの選択肢と言えるでしょう。
例えば、長州産業は10年保証の他に雨漏り保証もついているので、パネルの不具合だけでなく屋根の保証までしてもらえるのがうれしいですね。
このように長州産業のような大手のメーカーでなくても、満足のいく保証が付いている場合があるので、選択肢に入れておくと良いのではないでしょうか。
長州産業は価格の面でも太陽光発電メーカーのなかでも良心的な値段なので、一括見積もりで他のメーカーと比較してみてもよいかもしれませんね。