長州産業は、他のメーカーに比べると知名度では劣るかもしれません。
しかし長州産業の太陽光パネルには、他メーカーにはない優れている点がいくつもあります。
長州産業の太陽光パネルが優れている点は、安心の国内生産であることです。
中国や東南アジアなど海外で生産するのが一般的ですが、長州産業の太陽光パネルは全て国内生産です。
山口県にある本社工場で生産しているので、安定した品質を期待することができます。
またパワーコンディショナーも安心の国内生産なので、トータルで品質が高いのは優れている点と言えるでしょう。
長州産業の太陽光パネルは、品質だけでなく性能が高いのも優れている点です。
公称の最大出力は他メーカーより高い320Wとなっており、モジュール変換効率も高い数字を期待できます。
様々な独自技術によって高められた変換効率は、国内ナンバーワンと言われるほどの性能です。
世界最高の変換効率に挑戦し続けているメーカーなので、性能の高さは今後も維持し続けるでしょう。
長州産業の太陽光パネルは、国内生産の他に安心に繋がる優れている点があります。
国内生産の他に安心できるポイントとは、補償体制です。
多くのメーカーはシステム保証が一般的となっており、無償で10年が基本です。
しかし長州産業の太陽光パネルはシステム保証が無償で15年となっており、安心を長続きさせることができます。
また他のメーカより長期間の無償保証をつけられると言うことは、それだけ自信がある証拠と言えるでしょう。
さらに長州産業の太陽光パネルは無償のシステム保証の他に、施工保証もついてきます。
一般的には太陽光パネル保証はシステム保証のみで、あっても自然災害に対する補償がプラスされるだけです。
しかし長州産業の太陽光パネルはシステム保証と施工保証の2種類あり、例えば工事した会社が潰れても保証を受けることができます。
品質と補償体制に優れている点があることで、多くの人に選ばれています。

海外製と国内製の歴史を専門家目線で

太陽光パネルを開発しているメーカーにはテレビなどの
家電でお馴染みの日本企業が多数ありますが、太陽光パネルは
部門が異なっているので海外の企業が手がけた部品で構築されています。

そのため性能を比較するためには、海外の提携企業にも目を向ける必要があるのですが、太陽光パネルで最も重要になる発電効率での最上位は液晶テレビや半導体を手がけている企業であり、パネルはアメリカに本社を構えているメーカー製です。

実は2番目に発電効率に優れていて発電量も多い企業もかつてはアメリカの同一組織の物を採用していたのですが、現在では自社製に切り替えているので若干能力が低下してしまいトップではなくなりました。

そして3番目にはかつて同じく家電や音楽再生機器、自転車などを販売しているメーカーがありましたが
今では西日本エリアのみで太陽光パネルの製造販売をしているメーカーが位置しています。

>>※実はそれこそが長州産業の太陽光パネルの秘密です。

業者がリリースしているシリーズは独自の接合構造を生み出して作られているので、従来型に比較して
送電ロスが小さくなっている上に太陽光に限らず紫外線でさえも電力に変換できるほど高性能です。

こうしたトップ3に位置しているメーカーはやはり安定性と耐久性、供給能力の観点で高額になるので
費用面で考えた時には選択肢に入るリストが著しく変化します。

人件費や供給能力、国によるサポート体制なども価格には反映されるのですが
やはり中国製の太陽光パネルを使っている会社はキロワットの単価では28万円という安さです。

次いでドイツで生まれたシステムが続くのですが、意外性が高く感じられるのは
3番目の宮崎県の組織であり、キロワットで換算すると31万円です。

また太陽光パネルは敷地の地面に設置する方法の他に住宅の屋根に取り付ける場合もあり、
特に住宅地などで敷地面積に余裕が無い時には屋根に設置されます。

住人としては太陽光パネルの重量も気になるポイントなのですが、業者間で大きな重量差は無く
突出して軽量でも6キロ程ですし重量が多くても12キロ程で屋根に物件にダメージは生じません。

参考ページ:https://www.solar-partners.jp/maker/choice/choshu/