最近は家の中だけにいるから自分がどこに住んでいるのかわからないままでいる

 

でも、よく考えたらすごいところに住んでいる

 

この高さの建物だったら普通、周りの建物も高くて景色もよくないだろう
でも、、ここはまわりは民家で景色もいい

 

都会、田舎、どちらも考えたら一番自分が住みたい場所だ
そこに今は住めている
それをもっと感じるべきだ

 

普段はそれすらも感じないで生活をしている
もしかしたら、だから寝るときとか、どこかに恐怖を感じてしまうのかもしれない

 

テレビやネットの離れた外の世界だけではなく、もっと現実、外の世界と自分の世界を考えるべきだ

もちろん、テレビやネットの情報も大事だ

 

 

自分の世界とは(出かける範囲)
普段意識している範囲、行動している範囲。

 

感謝とか言葉だけですましていてはダメだ

 

 

もっと、今いる自分が恵まれている事を認識するべき

 

 

 

最近、浜松に行くことがり、その差異い浜名バイパスを使ったら

すごい高さの堤防を作っていた。

自然災害についても考える切っ掛けにもなりました。

あらには、浜松の自然エネルギーに関しても車を運転しながら考えたものです。

 

 

 

 

中田島砂丘は浜松にある砂丘です。

日本三大砂丘のひとつです。砂丘というと文字通り、砂が盛り上がってできた丘というイメージかと思いますが、中田島砂丘を一度見ればそのイメージはガラリと変わってくるでしょう。というのも、

 

・浜松の名を冠した餃子
「浜松」という名を冠した餃子ということもあって、やはり浜松餃子は浜松を代表するグルメと言えるでしょう。浜松におけるご当地グルメの代名詞なのです。

もうひとつ浜松餃子には特徴があります。それは円形焼きと茹でもやしです。
というのも、浜松餃子は綺麗に円形に並べられた状態で焼かれ、その中心に茹でもやしが盛られているのです。もともと浜松餃子は屋台で提供されていたものなのですが、フライパンに餃子を円形に並べ、お皿の上にフライパンをひっくり返す形で出していました。ただ、そうすると真ん中にぽっかりと穴があいてしまうため、そこに付け合わせとして茹でもやしを盛るようになったそうです。