太陽光発電のメーカー長州産業

499PV

長州産業

太陽光発電を導入しようと思った時、まず迷うのがメーカーですよね。
では、太陽光発電のメーカーはどのような会社があるのでしょうか。
長州産業の評判についてまとめページ

シャープ、パナソニック、京セラ、三菱電機、東芝など誰もが聞いたことのある大手電気機器メーカーから、ホンダソルテック、ソーラーフロンティア、長州産業と言ったあまり聞き慣れないメーカーまで、日本国内のメーカーだけでも数多くあります。

これは太陽光発電に限らずですが、多くの人が知っている大手メーカーには、安心できるというメリットがありますが、その一方で、価格が高いと言われます。
しかし、メーカーの知名度と製品の良し悪しは必ずしもイコールではありません。

例えば、長州産業というメーカーは、一般的にはあまり耳にしないメーカーですが、太陽光発電の業界ではちゃんと名前の通った会社ですし、技術力が他よりも劣っている訳ではありません。
むしろ、長州産業は有名メーカーではないというデメリットを払拭するだけの価格面でのメリットを持っていると言えるでしょう。

また、それぞれのメーカーの太陽光発電には、太陽光から電力への変換効率や耐久性、価格、規格サイズなど様々な違いがありますので、メリットやデメリットをしっかりと把握し、比較検討して選ぶようにしましょう。

 

長州産業の太陽発電の特徴

長州産業の太陽光発電は、単結晶Cシリーズモジュール、単結晶Bシリーズモジュール、HITモジュールの3タイプがあります。
一般家庭から企業まで、幅広いニーズに応える事の出来る製品ラインナップです。

長州産業の太陽光発電、単結晶Cシリーズモジュールは、とにかく発電量を重視していて公称最大出力は220W~260W、変換効率は15.9%~16.5%と世界最高レベルの変換効率です。
しかも、台形やハーフモジュールなどサイズバリエーションが豊富で、どんな屋根形状にもフィットして、限られた屋根スペースを有効的に活用し、発電量を確保します。
今まで、屋根の形状が寄せ棟や方形屋根だったり、天窓があったりして、太陽光パネルが十分に乗せられなかった人にもお勧めです。
http://www.choshu.co.jp/
長州産業の太陽光発電、単結晶Bシリーズモジュールは、公称最大出力は233W、変換効率は15.8%と高効率で、屋根に負担が少ない軽量タイプです。
パネル表面に低反射ガラスを採用し、光の反射や散乱によるロスを抑えることで発電量を大幅にアップしています。

長州産業の太陽光発電、HITモジュールは、単結晶シリコンをアモルファスシリコン層でサンドしたハイブリッド構造で、発電ロスを抑え、なんと変換効率は18.2%で、業界最高水準の発電電力量です。

 

“太陽光発電のメーカー長州産業” への1件のコメント

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページの先頭へ