電子力発電にかわるエネルギーやエコの観点から、デメリットの少ない太陽光発電に多くの注目が集まっていますね。
導入しようかどうしようかと悩んでいる人もたくさんいるのではないでしょうか。

もし太陽光発電を導入しよううか悩んでいるのであれば、そのタイミングは今がベストと言えるかもしれません。
太陽光発電で得られた余剰電力を政府が買い取ってくれるシステムがあるからです。
2012年度の余剰電力の買い取り価格は、1kWhあたり42円となっていて、これおは10年間固定で買い取ってくれます。
この買い取り価格は、今後引き下げられる見通しとなっているため、導入が遅くなればなるほど、買い取り価格が下がるというデメリットがあるのです。

太陽光発電の導入は設置費用がかかるため、できるだけ少ない初期費用で早く元をとれるかがポイントとなってきます。
その点で考えると、メーカーを選ぶ際に、長州産業のような低コストのメーカーが注目を浴びてきているのですね。
長州産業は、国産でありながら、国内工場でラインを一貫して生産しているため、低コストで高品質の太陽光パネルを作ることが出来ているようです。
いまいち社名が知られていないのがデメリットといえばデメリットですが、大切なのはメーカーの知名度ではなく、品質とアフターケアだといえるでしょう。
雨漏り保証など設置後のアフターケアもきちんと行ってくれる、長州産業のような信頼できるメーカーの物を導入することも大切ですね。