これを見たら、やはり日本とは違うんだなと思う
隣国だし歴史的にも近い文化を持っているかもしれない

いい意味でも悪い意味でも
感情的な部分が大きい

もちろんテレビに出ているのは一部の人かもしれない
でも、その一部の人は日本では見たことも聞いたこともない

ヒュンダイの労働組合の部分は普通だと思う
しかし、サムスンの件は
え?
と思う部分が多かった

サムソンのある子会社がグループから売却されることになったらしい
それに対しての社員の反応は日本人からすると
理解が出来ない部分だ

それが悪いという意味ではない
この部分は日本人とは違うという意味というだけ。

近いようで遠い国と言わるることもあるが
似ているようで似ていない国とも言える

それを知ったうえで、韓国が日本に行ってきていることやっていることを
理解する必要がある

この番組以外のところでは
特に韓国人の女性コメンテーターはそれがよくわかる