長州産業の太陽光パネルの優れている点

長州産業は、他のメーカーに比べると知名度では劣るかもしれません。
しかし長州産業の太陽光パネルには、他メーカーにはない優れている点がいくつもあります。
長州産業の太陽光パネルが優れている点は、安心の国内生産であることです。
中国や東南アジアなど海外で生産するのが一般的ですが、長州産業の太陽光パネルは全て国内生産です。
山口県にある本社工場で生産しているので、安定した品質を期待することができます。
またパワーコンディショナーも安心の国内生産なので、トータルで品質が高いのは優れている点と言えるでしょう。
長州産業の太陽光パネルは、品質だけでなく性能が高いのも優れている点です。
公称の最大出力は他メーカーより高い320Wとなっており、モジュール変換効率も高い数字を期待できます。
様々な独自技術によって高められた変換効率は、国内ナンバーワンと言われるほどの性能です。
世界最高の変換効率に挑戦し続けているメーカーなので、性能の高さは今後も維持し続けるでしょう。
長州産業の太陽光パネルは、国内生産の他に安心に繋がる優れている点があります。
国内生産の他に安心できるポイントとは、補償体制です。
多くのメーカーはシステム保証が一般的となっており、無償で10年が基本です。
しかし長州産業の太陽光パネルはシステム保証が無償で15年となっており、安心を長続きさせることができます。
また他のメーカより長期間の無償保証をつけられると言うことは、それだけ自信がある証拠と言えるでしょう。
さらに長州産業の太陽光パネルは無償のシステム保証の他に、施工保証もついてきます。
一般的には太陽光パネル保証はシステム保証のみで、あっても自然災害に対する補償がプラスされるだけです。
しかし長州産業の太陽光パネルはシステム保証と施工保証の2種類あり、例えば工事した会社が潰れても保証を受けることができます。
品質と補償体制に優れている点があることで、多くの人に選ばれています。

海外製と国内製の歴史を専門家目線で

太陽光パネルを開発しているメーカーにはテレビなどの
家電でお馴染みの日本企業が多数ありますが、太陽光パネルは
部門が異なっているので海外の企業が手がけた部品で構築されています。

そのため性能を比較するためには、海外の提携企業にも目を向ける必要があるのですが、太陽光パネルで最も重要になる発電効率での最上位は液晶テレビや半導体を手がけている企業であり、パネルはアメリカに本社を構えているメーカー製です。

実は2番目に発電効率に優れていて発電量も多い企業もかつてはアメリカの同一組織の物を採用していたのですが、現在では自社製に切り替えているので若干能力が低下してしまいトップではなくなりました。

そして3番目にはかつて同じく家電や音楽再生機器、自転車などを販売しているメーカーがありましたが
今では西日本エリアのみで太陽光パネルの製造販売をしているメーカーが位置しています。

>>※実はそれこそが長州産業の太陽光パネルの秘密です。

業者がリリースしているシリーズは独自の接合構造を生み出して作られているので、従来型に比較して
送電ロスが小さくなっている上に太陽光に限らず紫外線でさえも電力に変換できるほど高性能です。

こうしたトップ3に位置しているメーカーはやはり安定性と耐久性、供給能力の観点で高額になるので
費用面で考えた時には選択肢に入るリストが著しく変化します。

人件費や供給能力、国によるサポート体制なども価格には反映されるのですが
やはり中国製の太陽光パネルを使っている会社はキロワットの単価では28万円という安さです。

次いでドイツで生まれたシステムが続くのですが、意外性が高く感じられるのは
3番目の宮崎県の組織であり、キロワットで換算すると31万円です。

また太陽光パネルは敷地の地面に設置する方法の他に住宅の屋根に取り付ける場合もあり、
特に住宅地などで敷地面積に余裕が無い時には屋根に設置されます。

住人としては太陽光パネルの重量も気になるポイントなのですが、業者間で大きな重量差は無く
突出して軽量でも6キロ程ですし重量が多くても12キロ程で屋根に物件にダメージは生じません。

参考ページ:https://www.solar-partners.jp/maker/choice/choshu/

 

新しい家を作る時に太陽光発電を設置がベストなタイミング

これから新しい家を作る、という際に太陽光発電を設置するというのがベストなタイミングなのではないかと思います。
住宅会社も同様に、自宅を新築するときに一緒に勧めるパターンが多いようですね。

ただ、自宅のローンがあるのにそれに加えて設置するって、という不安も持っておりはずです。

そうした不安に応えてくれる情報を提供してくれており、内容も必要な情報が分かりやすく説明されているのがいい感じです。

太陽光発電でマイホーム購入が実質0円になる、と聞いたら嬉しいけど話がうますぎると不安に感じたりしますよね。

見た際には、スゴイというよりも本当にできるの、話がうますぎという不安の方が大きかったです。

マンガで売電とマイホームを0円にする方法が説明されていたので、思わず興味を持ってしまいました。

売電でマイホーム0円で買えるという話はあくまでも一例に過ぎないと思いますが、新しく家を買う時が一番いいタイミングである、ということは分かった気がします。

メディアなどでの体験談でも、古い家よりも新しい家を紹介していることが多いです。

興味のある人すべてが、これから家を新築するというわけではないでしょうが、新築ローンと売電を組み合わせることによる可能性をこのようなアプリでシミュレーションしてみるのもいいかもしれませんね。

今回見てみたHKハウシングのアプリでは、物件の予算別の計算と売電の計算が出来ます。
別個に計算することに比べると楽だな、といった印象です。
このアプリを見たら「0円で家が買えそう」って考えてしまいますね。
新しい生活スタイルを構築するための参考として、太陽光発電の売電とマイホーム購入を組み合わせて考えられるアプリを試してみるといいのではないでしょうか。

意外とある太陽電池発電のデメリットとは?問題点や短所とは?

日本の自然エネルギーはどうなる?
デフレ・不況や円高が日本の産業構造に原因があるという論調は多いし理解もできる。

しかしその解決は財政政策や金融政策という日常的政策の積み重ねとは違う次元の政策を必要とするだけに大変な困難を伴う。

 

スクラップアンドビルドであったり規制撤廃であったり選択的集中的資源投入であったりと優遇と抑制をする対象をこれまでと変えることになるので大きな摩擦や闘争を呼び起こすことになる。

また目指すべき社会像もなかなか具体的にならない。

ポスト工業化社会と言うか、高付加価値サービス産業社会と言うか、高付加価値製造業サービス業調和社会と言うか、言葉で言い表すことはできても具体的にどういった事業が興隆するよう促すべきかがよくわからない。

南欧諸国のような保護型福祉国家は次々と財政面から行き詰まりを迎えている(奇しくもこれらは自然エネルギー先進国でもある)。

 

これらの国々は日本と産業構造は全く異なるが国民意識や制度や財政状況がよく似ている。一足先に危機に陥った国々として学ぶべきことは多い。

一方、グーグルやアマゾンのような先進的なテクノロジーやアイデア、ビジネスモデルを次々に生み出すアメリカも高失業率や財政制約に悩まされ続けている。

福祉国家を追い求めて産業政策をおろそかにする国は必ず財政的に行詰まり破綻するだろうが、かといってアメリカのように自由にアイデアを事業化し社会に合った多彩な産業が開花する環境を提供するだけでは国民は幸せにはならない。

日本は産業発展段階的には米国と途上国の中間に位置し両者から双撃を受けている。

自らの立ち位置と進むべき道を明確にしないといつまでも流浪することになりかねない。

>>https://nowtopic.net/entry19.html

太陽光発電口コミや体験談に通うには、やや割高な負担金を強いられるので、後で悔やまないためにも、
合うと思ったいくつか見つけた時は、事前に太陽光発電ランキングなどを確かめた方がリスクを減らせます。
近頃人気の設置業者は、成約をするための活動のことを言うのです。

新鮮な情報を求めている人や、すぐにでも企業と約束がしたいと熱烈に思っている方は、設置を行ってみませんか。

年ごとに増えてきている近年においても先進的な方法があれやこれやと創造されています。それら多くの中でも、
便利なネットを用いた一括見積りとして注目を集める一括見積りアプリは
今や一括見積りの常識となっています。

太陽光発電口コミや体験談を比較してみた時に、突出した数値に唖然としたことと思います。
ただカウント方法にルールはなく、それぞれの会社で導入している算出方法に差があるので気を付けておく必要があります。

太陽光発電のメリットの1つは売電

太陽光発電のメリットの1つとして紹介されることが多いのが「売電」です。
でも売電って何?っていうことをまずは知っておきたいですよね。(知っている人も最近は多いと思いますが)
太陽光発電で作られた電気のうち、余った電気を電力会社に売ることが出来るというシステムです。
10キロワット未満なら42円/kWh、500キロワットを超える場合は電力会社との契約内容で買取価格が決まる、という仕組みです。
最近では電気が余ったら電力会社に売ろうという軽い意味合いだけではなく、売電で儲けよう、もしくは儲けられるかという話が広がっている状態です。そのために太陽光発電の体験談においても、電気代が少なくなったという情報だけではなく、副業としての太陽光発電についての体験談も増えております。
「GET売電」という名前そのままのアプリが登場しているのも、その流れの1つと言えます。
このアプリでは自宅で太陽光パネルを設置したら、実際にいくら売電出来るのかを簡単に試算してくれます。
あくまでもアプリによるシミュレーションなので、必ずその通りの売電収入を得られる保証はありませんが、設置コストとの比較で長い目で見て損か得かをある程度確かめるための参考としては、使う価値のあるアプリではないでしょうか。
100円でダウンロードする有料アプリですが、有料/ファイナンスランキングでランクインもしているので、利用者も結構いることが分かります。
iTunesで検索すると出てきますが、おもしろいのはアプリの参考写真で太陽光発電の設置についての説明がされていますが、国技館を例として説明していることです。これをダウンロードして同じように国技館で設定したら「国技館の屋根に太陽光を設置したらこれだけ発電できるんだ」という事も知ることが出来ます。自宅の屋根だけでなく、有名な建物などで同じように設置位置を指定して調べると、こんなところに太陽光発電があったら、と遊び感覚でも調べることが可能です。

 

>>中部電力の太陽光発電の売電価格について

このアプリを使って、太陽光発電に興味を持つことが出来ます。

太陽光発電を設置しようとする目的はなんでしょうか。

まずは、発電の仕組みを理解することから

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを利用した発電システムの事で、
燃料が不要なため、ECOでクリーンなエネルギーです。
特に、日本では東日本大震災による原発問題で、天然のエネルギーである太陽光発電に更に注目が集まっています。

太陽光発電は、非常にメリットの大きい発電の仕組みではありますが、
設置してからこんなはずではなかったという事がないように、
しっかりとデメリットについても知っておく必要があります。

太陽光発電は、発電のエネルギーとなる太陽の光を太陽電池を利用して直接電力に変換します。
そのため、送電ロスもなくとても合理的です。
しかも、発電そのものに燃料がかからないので、温室効果ガスを排出せず、非常にクリーンなエネルギーです。
太陽の光さえあれば恒久的に発電することが可能なので、災害などによる停電時であっても
電気を自宅で作り出すことが出来るのも大きなメリットと言えるでしょう。

一方で、太陽の出ている晴れた日中は、ある程度の発電量が見込めるのに対して、
夜間や雨天の時は発電することができないのがデメリットと言えるでしょう。
太陽光発電のしくみを理解して、上手く生活の中に取り入れて行くことが大切です。

 

太陽光発電は、燃料を必要せず、温室効果ガスも発生しない、ECOでクリーンな発電方法で、とても環境に優しいのが特徴です。

しかしながら、実際問題、多くの人の関心を集めているのは、環境への配慮よりも光熱費の節約、
つまり経済的な問題ではないでしょうか。

もし、太陽光発電を導入しようかどうしようか迷っているのであれば、まずは、
太陽光発電をどうして導入しようと思ったのか、その目的と実際に発生をきちんと整理することから始めてみましょう。

太陽光発電を導入する目的は何でしたか?
光熱費の節約というのが大部分だと思いますが、環境への配慮や災害時への備えなどを挙げる人もいるでしょう。
中には、全く考えていなかったけれど近所の人や営業の人に勧められて、なんとなくいいなと思ったという人もいるでしょう。

太陽光発電は、決して悪いものではありません。
むしろ、トータル的に考えて、非常に合理的で安全な設備です。
しかし、太陽光発電の導入コストは決して安いものではないのも事実です。
導入後、後悔することの無いように、しっかりと把握して納得してから導入するようにしましょう。

節電、原発問題など現在エネルギー問題が大きな話題となっています。

一番注目されている自然エネルギーとしては、
やはり太陽電池発電です!

環境、エネルギー問題でも注目されていますが、
コストの面でも以前よりも、ずっと安価で購入しやすくなってきています。

今、一番注目されている人気がある太陽電池発電を詳しく解説しているサイト、
浜松に特化した地域での様々な業者を比較できる業界No1!のサイトをご紹介します。

今ここ地元に住んでいること

最近は家の中だけにいるから自分がどこに住んでいるのかわからないままでいる

 

でも、よく考えたらすごいところに住んでいる

 

この高さの建物だったら普通、周りの建物も高くて景色もよくないだろう
でも、、ここはまわりは民家で景色もいい

 

都会、田舎、どちらも考えたら一番自分が住みたい場所だ
そこに今は住めている
それをもっと感じるべきだ

 

普段はそれすらも感じないで生活をしている
もしかしたら、だから寝るときとか、どこかに恐怖を感じてしまうのかもしれない

 

テレビやネットの離れた外の世界だけではなく、もっと現実、外の世界と自分の世界を考えるべきだ

もちろん、テレビやネットの情報も大事だ

 

 

自分の世界とは(出かける範囲)
普段意識している範囲、行動している範囲。

 

感謝とか言葉だけですましていてはダメだ

 

 

もっと、今いる自分が恵まれている事を認識するべき

 

 

 

最近、浜松に行くことがり、その差異い浜名バイパスを使ったら

すごい高さの堤防を作っていた。

自然災害についても考える切っ掛けにもなりました。

あらには、浜松の自然エネルギーに関しても車を運転しながら考えたものです。

 

 

 

 

中田島砂丘は浜松にある砂丘です。

日本三大砂丘のひとつです。砂丘というと文字通り、砂が盛り上がってできた丘というイメージかと思いますが、中田島砂丘を一度見ればそのイメージはガラリと変わってくるでしょう。というのも、

 

・浜松の名を冠した餃子
「浜松」という名を冠した餃子ということもあって、やはり浜松餃子は浜松を代表するグルメと言えるでしょう。浜松におけるご当地グルメの代名詞なのです。

もうひとつ浜松餃子には特徴があります。それは円形焼きと茹でもやしです。
というのも、浜松餃子は綺麗に円形に並べられた状態で焼かれ、その中心に茹でもやしが盛られているのです。もともと浜松餃子は屋台で提供されていたものなのですが、フライパンに餃子を円形に並べ、お皿の上にフライパンをひっくり返す形で出していました。ただ、そうすると真ん中にぽっかりと穴があいてしまうため、そこに付け合わせとして茹でもやしを盛るようになったそうです。

 

 

日本に関する世界の太陽光発電について

日本の脱原発の声を受け、新エネルギー戦略を打ち出したことについて、
「実現に向けて協力を強化し、経験を共有していきたい」と述べた。

ドイツではフクシマの事故を受けて脱原発を決めている。

ドイツと日本が協力して世界のエネルギー戦略でリードしていきたいという思惑も感じられる。それだけに早期の原発廃止が打ち出されなかった事に大きなチャンスをものにすべきだという。

「早期転換を計り、再生エネルギーの先駆者になろう。」
「大きな挑戦になるが新技術確立のチャンスでもある。」

と語り、経験と知識を共有しながら日本を支援する考えを明らかにしました。

ところで日本はというと以前に、長野県塩尻市に国内最大級の木質バイオマス発電施設を建設の計画が発表された。県内全域から集めた間伐材を発電施設の燃料とする。この計画により製材のコストを下げ、『林業の起爆剤』にしようとする狙いだ。

割高と言われる国内材木の効率化を図り、価格競争でもアジアに打って出れるような環境を目指す。また、発電は一般家庭2万世帯分の1万キロワットの発電を見込む。

発電の余熱は高齢者施設や農業用ハウスなどでも活用する。計画は信州大学や東大などが技術面で協力する。滋賀県野洲市がメガソーラーを設置する方針を固めた。
事業者を公募し土地を貸与する方針らしい。

 

太陽光パネルを中国から

太陽光発電はパネルを設置する業者にとってももちろん儲けになるが、補助金の財源が税金ならば、増税は避けられない。

消費税を上げないといけなくなるのは、コスト的に見合わない新エネルギーを推進するからでもある。

コスト的に全然見合わず、半導体資源を無駄遣いし、太陽光パネル供給源を中国に依存することになるので良いことはほとんどないと言われることもあるが、制度的に補助金がたくさんつくとかなれば、取り合えず住宅に設置する人にとっては儲けになる。

ドイツは太陽光先進国だが、国内のパネル製造業は絶滅状態だそうだ。中国の安い製品に駆逐されて。

さすがに全ての太陽光パネルを中国から輸入ではエネルギー自給の上で問題になるので、国産パネルも残すだろう。

しかし太陽光パネルを作るということは、半導体で出来ている太陽光パネルのために、半導体生産を振り向けるということになる。

半導体の原料のシリコンを精錬するには、大きな電力が必要になる。

原発電力があって、大電力が低コストで手に入るならば、半導体生産も大きくすることが出来るが、脱原発するならばそれは無理。

原発電力がない状態で、太陽光パネルの生産を増やすと、他の半導体が作れなくなる。そうなると、日本はハイテク産業レースから脱落することになり、隣で原発電力をじゃんじゃん使って経済成長している韓国に、決定的に遅れをとることになる。

経済力格差を背景にまた韓国が侵略してくることになり、第二第三の民主党政権がまたすぐに出来ることになる。

自然エネルギーだから環境にやさしい

そういえば、菅直人政権で、再生エネルギー法案を通したが、民主党は自民党政権中に、ソーラー・エネルギーの設置に反対していたんです。

「自民党政権時代にスクールニューディール政策なるものが提案されて、その中に省エネ対策として、学校に太陽光パネルを設置する計画もあったんですが、民主党の事業仕分けで見直しの判定を受けて、省エネ対策は白紙となっています」

太陽発電で荒農地をソーラーパネルだらけにしよう!」
と、孫正義と菅直人が唱えていましたが、世界中が災害だらけの昨今において、
本当に日本の食料を、外国からの輸入に頼りきって大丈夫なのでしょうか?

農地を、毒素を含む重金属の板だらけで埋め尽くしてそれで、
「自然エネルギーだから環境にやさしい」
「生き物が住みやすくなるのか」

それは、逆に、生態系を破壊し、田畑から、トンボ、かえる、タニシ、などの生きる環境をなくし、生き物を根絶させ、それを食べる動物の命を奪い、森林や、田畑の自然環境を破壊するので、今以上に、人災が、多くなり、人々の生活を、脅かすことになります。

自然エネルギー政策
太陽子発電の見積もりなどについて世間的にはどうなのか、ちょっと判断付きかねますが業界関係者さんの発言を聞いてて、えええ???、と思うことはたくさんあって
それはいわゆる「失言」なのか?、と考えるんだけど
たとえば、自然エネルギー政策に関して他の業者のことをけちょんけちょんに言ったあとで自分たちは違う、って話をしてた時にもケネディ大統領のアポロ計画を引き合いに出してたそうなんだけどその話が事実誤認だ、というのでつぶやき界ではちょっと騒がれていてだけど業界関係者さんはそういう間違いを指摘する声は完全にスルーしちゃう。
間違いだと分かった時にすぐ勘違いだった、ゴメンね、って言っちゃえば
ツッコミ入れたくてうずうずしてるひとたちだって
それ以上の追求は逆に自分たちをワルモノに見せちゃうことくらい分かってるから
おとなしく引き下がってくれるんじゃないかと思うんだけど
それをしないから、みんな文句言うのにね。
なんだかまたまとまりがないような文章になってしまいました。

とにかく太陽光発電については一番人気を知ることは大事です。
それを知るにはやはり一括見積もりしか方法はないでしょうね!

 

 

(メモ)今の生活だけではなく別の意識、新しい事業やサイトがうまくいった時

今の生活を続けることは当然大事だけど
もしても今現在はその生活が出来ていいるし
しばらくはできそうだから
心の中で、危機感を持っていない部分がある

だけど、先のことを考えれば今、ただ生活が出来ているだけでは
ダメだというのはわかっていることだから、目標は決めたはずだ

先のことを普段から意識して考えるようにする

目標の貯金する

これを決めたけど、その先の事を考えていなかった

だから、もっと具体的な生活の目標を考えて意識するようにする

例えば、55歳や60くらいに
長野や北海道に拠点を移して、たまに地元に用事があるときだけ
返ってくるような生活を夢にしてもいい
子供の時に行った北海道旅行の記憶は今でもある
※富良野の平原にぽつんと立っているペンションで夜にBBQで食べたマシュマロを串に食べた思い出
※軽井沢に行った思い出

そう考えると自然と昔に旅行に連れて行ってもらった場所に行きたいというのもあるのかもしれない

どちらもいい思い出

ただ、生きるだけに必要なのではなくもっと自分の生活をリアルに考えて
それを意識する必要がある

利益が必要になるだろう

その数字を意識して生活をする必要がある

今の生活を続けるだけのためではなくその先の夢のことも意識して生活する

 

 

 

今後、新しい事業やサイトがうまくいった時には

今まではそのまま売上をキープすることしか考えていなかった

しかし、そのままでその後にテコ入れがうまくいかない
※そこでは自分の力量以上のものが必要になるからだろう

だから、その時点で売却することも考える

そうすれば目標である資産を貯めることも可能だし
何よりもさらに、次のサイトや事業へ意識を向けて
がんばることができるだろう

軌道に乗せた時点で次のことを考える

だから、うまくいくことだけではなく
その後の展開も意識してやっていくことも大事

でも、その前にまずは成功させるために考え行動することが何よりも大事

 

 

囲い込み、、自分にできること

恋愛とか出会いとか、グレーのことしか出来ない

本当は、そこで文字でしたい

でも、それがダメならもう晒すしかないのかもしれない

飲んでるところを、映像で流す

おじさんがそういうのはたくさんあるけど
そこで、違いを自分なりにやったほうがいいのかもしれない
※おじさん需要のメモ

でも、自分は対応が出来ない

でも、これからの時代はそれも含めて
狭いニッチな世界のになるだろう

お酒を飲んでると、そこにも需要がある気がする

実際は需要は、少なくてもあるだろう

でも、シラフのときにはそれに否定的だ

どうしようも、なくなったらそうするしかない